2007年12月07日

侘の事件簿。

昨日書いたように
「飲みたいだけ飲みやがれぃっ」の
1au3.jpg
急須先の?お出かけから帰ったら、侘に異変が起こってました。
(お出かけといっても我が家のお出かけは近所のみの短時間^^;)

侘がグッタリしている。
慌てて父が抱き上げ皆から遠ざかった所へ避難。
父は、まさか低血糖って訳じゃないよな?と焦ってる。。
朝ごはんもシッカリ食べたけれど万一を考え栄養剤をスグ入れるが、やはり状態は変わらない。
母の考えとしてはショック状態のような。。。。
父は「侘、侘ーー」と少しパニクってる。

心臓はしっかり鼓動している!
嘔吐の形跡ナシ!!
呼びかけには反応する!!!
背中をつまむ。。うん、脱水症状はなし!!!!
状態は、血色が悪い、力が入らず立てない、意識はある、首のあたりが痙攣している。。。
恐らくショックな出来事、多分ケンカをしたと判断、
落ち着かせて病院へ行こう!!と数分落ち着かせ暖かくして病院へ。

車の中で侘を抱いてる私の腕に痙攣が。。
もう大丈夫と確信。

信じられないかもしれないが、
私とウチのコ達の間には不思議な関係があるんです。
(いや、アタシ変な宗教してないっすよ^^;)今までに数々の不思議出来事がありましたので、それは今度ジックリ
お話させてください。


侘の痙攣がアタシに移り、侘自身には痙攣がなくなり、診察を待っている間に血色も戻り、表情に余裕が出てきた。
侘の診察の番になった頃には(診察してる人を含め3番目だった)
すっかり元気な様子。。。
状態から、何かショック症状をおこした可能性大との事!やっぱり、そうか。。。
一通り診た先生が、ペースト状のフードを出したらペロリと食べ「もっと欲しいわび」
と先生を、首かしげカワイコモードで尻尾ふりふり見ている。
良かった、良かった、本当に良かった!!!
このまま様子を見て大丈夫と思いますとの事で帰宅。


帰宅した私の顔色をイの一番に覗き込む父しゃ。。。次にキャリーを。。。
キャリーから笑ってる侘のお顔を見て胸をなでおろしていた。
もうダメかと思ったって。。。。
父しゃには、他の子を見てもらうため、家に残ってもらったので気が気でなかった時間であったようだ。


今回、ショック状態のような。。には、
心当たりが、あると言えばあるっ。
最近、一寸と侘がケンカをして(ケンカの原因はわかっているの。。他愛もナイことなんです^^;またお話しまふ)ひっくり返されたことがある。


ヨロヨロチビッコ侘ではあるが、年だけはイっている、男組では、豆に続く年長者?だ。
空クンなんかは、侘に敬意を払っていて、
侘に百回噛みされてもジっとガマンしているの。
そんな誇り高き戦士・侘は、一寸ごときに押さえ込まれたら黙ってはいない。
黙ってはいないが、体が言う事を効かない!!
気持ちだけが空回りする、何しろカミナリ親父・豆の子供だから。。
神経系統に問題のある侘にとって、許容量を越えるムキーーッ!!は
ショックを起こす場合があるようだ!!


大事に至らなかったから良かったものの。。。。
コレは今後2度と起こらないよう親として反省しなければならない。
侘、ごめんなー。

やっぱり今日もいっちゅんと侘の威嚇攻撃が。。
母しゃがいれば、「いっちゅっ!」の一声で一寸はやめる!
いっちゅんも仲良くしてなー。。。。頼むよー、侘の方が兄ちゃだからね。
父しゃも母しゃも反省してるし気をつけるから、皆で仲良くしようね。

「ヨロヨロしてるからって、オラを舐めたらイケナイわびっ!ふんがーーっ」
1au7.jpg
(あのぉ、侘ちゃん。痛い目みるのは侘だからケンカは、やめようね(・_・;))


ニックネーム 花豆母さん at 11:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1225646

この記事へのトラックバック