2008年01月23日

真冬の夜の物語

先日はお騒がせして申し訳ありませんでした。
皆様から電話、メール、コメントなど温かいお言葉を頂き、
感謝すると共に一層愛情と誠意、節度ある姿勢で臨まなければ
イケナイと強く感じました。
今後とも宜しくお願いいたします。
でも、本当に。。。ありがとう!!!

では、話題を変えまして、思い出の宿のお話をさせてください。
  
「聞いてあげてくだちゃい」
kibi94.jpg

「あ、ボク怖さを増すために時々特別画像入れまぁす♪」
bunbun9.jpg

あれはマダ花が一人だけの頃でした。
我が家と私の姉、中学生の甥っ子、結婚した甥っ子家族で清里の人気ペンションへ行きました。

冬とは言え手軽なスキー場も近くにあり、何と言っても人気ペンション。
私達の予約で丁度満室との事で「取れてよかったね」と喜んでました。


当日、甥っ子のお嫁さんの実家から車(RV)を借りて清里へ手(グー)
ペンションへ着くとオーナーさんが


「良かったexclamation×2実は今日の予約の方全てインフルエンザでキャンセルされて○○様だけなんですよ」
  (エッexclamation&questionそんな事もあるんだ。。。。)
部屋に案内され部屋を見渡し

gacha10.jpg(ぶん力作特殊画像@)

「なんか落ち着かないなぁ」と花豆父。


「えー?そう?」とアタシ。

寂しい我が家だけの食事時間。オーナーの奥様が料理を運んで来た。。。。

     んっ目どんっ(衝撃)

ソコにはテレビで、よく目にする手術の際、医師がピタッとした手袋?をして手のひらを内側に向けてる、     
       
       まさにそんな手袋をしたままの奥様が

無言で料理を運ぶ

   
   分からないけど何だか怖いがく〜(落胆した顔)
   だって皆で顔見合わせたものあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


夕食が終わり部屋で遊んでいたものの暇になりコンビニにでも行こうexclamation車(RV)の鍵を回そうとした瞬間

鍵が曲がったぁーーーーーーがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

これじゃ、コンビニどころか明日帰れないよぉexclamation×2
何で突然、鍵が曲がるわけ??
結局、JAFのお世話になり事は治まったのですが。。。。


深夜、1時過ぎ。。。。
普段、吠えない花が「ヴー、ヴーーむかっ(怒り)」と唸りだす。

すると。。。

ギィー・パタン、ギィー・パタンと足音がっがく〜(落胆した顔)
(ちなみにギィーは木がきしむ音?、パタンは足音)

見回り?にしちゃ、時間と言い、音と言い配慮が無さ過ぎる。
暫くソノ音が続き、花豆父と恐怖の時間でした。


晴れになり「ねぇ、夕べ廊下歩いてた?」と甥っ子達に聞いたが
歩いてないよ、の返事。


あれは何だったのか?
車の鍵が曲がったのは偶然なのか?
他の予約がキャンセルになったのも偶然なのか??

恐怖の謎は深まるばかり。。。

目どんっ(衝撃)ギャァーーーexclamation×2(恐怖感を出すための音声?)
gacha11.jpg
  (ぶん力作・恐怖画像A)

謎のまま時が経ち、ある時、友達が同じペンションに泊まったとの話を聞き、
「ねぇねぇ、ドコの部屋に泊まった?階段上がった正面の部屋じゃない?」と聞いたら。。。

「確か、階段上がった正面の部屋は物置みたい

な、宿泊部屋ではなかったような。。違ったかな?

んー、でも多分そうでしたよ」と


えーーーーっがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
やっぱり何かあったんじゃないかと思った父と母でしたもうやだ〜(悲しい顔)
           チャンチャンるんるん


ふぅ、怖かったでちゅぅあせあせ(飛び散る汗)
がちゃ、がんばっちゃいまちた犬(怒)
gacha6.jpg

うーちゃも出演したかったでちゅ犬(泣)
1u6.jpg

にんが思うには、うーちゃは、そのままでも充分出演できたね、母しゃexclamation
bunbun10.jpg

ボキュには出来ない。。。
ボキュはプリティ黍たんだから揺れるハート揺れるハート揺れるハート
kibi93.jpg

   一同:自分で言うかね〜バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
          ムカっ犬(怒)むかっ(怒り)









ニックネーム 花豆母さん at 09:28| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする